2009年2月4日水曜日

Excel太閤記、その5

2日から新しい会社で勤務が始まり、本格的にExcel太閤を使うことになった。高スペックなPC+太閤の最新版を用意してくれたが、集計作業に手間取る。

この手のツールの最大の問題は、作業手順をスクリプト化できない。そのため、「対象サンプルが変わったので再集計」ということになると全部やり直しになる。そこで、なんとか楽をできないかと頭を悩ます。

たとえば、アンケート集計特有の処理で「トップ2・ボトム2」というものがある。「すごく好き・好き・普通・嫌い・すごく嫌い」といったカテゴリーの場合に、上の2つ(すごく好き・好き)と下の2つ(嫌い・すごく嫌い)をグルーピングして集計する。これを太閤で行うと、まずカテゴリーの再編集を行い、その結果をオリジナルの答えにくっつけるという手順。質問数が多いと絶対に間違える可能性があるため、これを自動化するPerlスクリプトを準備したら、それなりに効率が上がった。

太閤を活用するには、こういったヘルパーアプリの存在が不可欠な気がする。本当ならPerlでなくてWindowsアプリにしたいところだが。

0 件のコメント:

コメントを投稿