2009年2月9日月曜日

IE6でUTF-8のページが表示されない

HTMLに慣れないため、たった2ページを1週間近くかけて作る毎日。こんなのが続いたらクビになるな~。

今日、やっとページ作成が終わり、顧客にURLを送付したところ、「ページが真っ白で表示されない」と怒られた。一応、送付するまえにIE7 / FireFox / Chromeで確認したのだが・・・。

とりあえず、Apacheのログで弊社以外のIPアドレスを抽出し、そのユーザエージェントを見たらIE6だった。手元にIE6がインストールされているマシンがないので、自宅の仮想環境にあるWindows 2000で調べてみると、確かにページは表示されない・・・。

大して難しいCSSを利用した訳でないため、考えられるのはHTMLのタグ閉じもれ。FireFoxのHTML VALIDATORを使って検証するも、問題は確認できず。しょうがないので、一つ一つの要素を削除しながらページの表示を確認していた。

ふと、エンコードは正しく認識されているのだろうか、と思って右メニューからエンコードを確認したところ、なんとShift_JISになっていやがった。ページはUTF-8で作成されているため、エンコードを変えたらページが表示された。すぐさまGoogle先生に「IE6 エンコード」と検索して見つかったのは次のページ

詳細は上記を見ていただくとして、回避策はtitleなど日本語が含まれるタグの前に文字コード指定のmetaタグを入れておくこと。これで一つ賢くなった・・・かな?

0 件のコメント:

コメントを投稿