2009年5月11日月曜日

FireBugで印刷画面を調整する

Web系の開発に従事している人でFireBugを知らない人はいないだろう。CSS要素の検証やJavaScriptのデバッグまで簡単に行える優れものである。最近、これのちょっと変わった使い方を見つけた。

Webページを印刷する場合に、ヘッダ・フッタとか広告とか不必要なものまで出力されてしまうことがある。そこで、FireBugを使って不要な要素を印刷しない方法を以下に記す。なお、FireBugの使い方はここでは説明しない。

  1. Firefoxの印刷プレビューで内容を確認
  2. 不要な要素をFireBugで選択し、右クリックから「要素を削除」を選んで取り除く
  3. 再度プレビューを確認

FireBugを知らない人にはわかりづらいと思うけど、備忘録として投稿しておく。

0 件のコメント:

コメントを投稿