2009年9月18日金曜日

GAEのWindowsでの開発環境

WindowsのGAE開発環境は応答速度が遅かったので、Linuxで開発を行っていた。

しかし、VMWare上にLinuxをいちいち起動するのはめんどくさい。それに、GAE開発環境の1.2.5からついてくる「Google App Engine Launcher」は、アプリのデプロイとかが便利そう。やっぱりWindowsの開発環境を利用したいが、その応答速度には我慢ができない。試しにActivePythonからオリジナルに切り替えてみたが効果なし。

そこで、恥を忍んでGAEのGoogleGroupに聞いてみた。

「http://localhost:8080よりhttp://127.0.0.1:8080のほうが速い」とのこと。どっちも同じものなので、「そんなバカな」と思ってやってみたら、本当に速くなったのでビックリ。これでWindowsで開発できるようになったので、めでたしめでたし。

0 件のコメント:

コメントを投稿