2009年10月23日金曜日

Google Appsで他のSMTPサーバが使える

仕事・プライベートを問わず、全てのメールはGoogle Apps(Gmailの独自ドメイン版)で管理している。今更OutlookやThunderBirdを使う気にはなれない。

Google AppsでもメールのFromを変えることができるので、仕事のメールもここから出しているが、困った問題があった。というのは、送信メールのsenderヘッダにオリジナルのメールアドレスが入ってしまうので、Outlook(他にもあるかもしれないが)でメールを返信する場合には

From: 【オリジナルのアドレス】On Behalf Of 【会社のアドレス】

なんて表示されてしまう。今までOutlookを使ってなかったから気付かなかったけど、これは結構恥ずかしい。解決方法がないかと設定画面をみたら・・・、あった! なんと使用するSMTPサーバを選べるのだ。

これだったら不要なSenderが付与されないので万々歳。しかし、この機能は2009年7月30日にリリースされていたのね。気付かなかった・・・。

0 件のコメント:

コメントを投稿