2009年11月25日水曜日

寿司詐欺にだまされた

お昼時の職場に寿司屋の人が現れた。「別の会社で注文があった寿司がキャンセルされた。本当なら980円だけど500円に負ける」と言われたので、みんなで寿司を購入した。

早速開けてみると、かんぴょう巻きや鉄火巻きとかで、どうみても980円の風格はない。それに醤油がついておらず、素で食べるのは本当に苦痛だった。

次の日、会社の人が「どうやら寿司詐欺というのに騙されたらしい」と教えてくれた。

複数の会社が入居しているオフィスビル内の会社を訪れて、別のフロアの会社から寿司の折り詰め30個の注文を受けたが、出前に来てみると注文は3個だけで、息子(若い店員という場合もある)がケタを間違えて注文を受けていた。売れ残っては困るので、本当は980円だが500円で売りたいと申し出る。昼食時に来ることもあって、安さに釣られて買ってみると、中身はかっぱ巻きやかんぴょう巻き、鉄火巻きなどの巻き物だけ。980円という元値から期待した握り寿司は入っておらず、もともと500円程度で売っているようなものである。しかも醤油さえついていない。

まんまと騙された。せめて醤油さえ入っていれば・・・。みなさんもご注意を。

2 件のコメント: