2009年11月3日火曜日

FireBugがどんどん複雑になっていく

Web開発からプログラミングを始めたせいか、デバッガというものを本格的に使ったことがない。大抵はスクリプトを実行(=ブラウザでアクセス)してエラー発生を確認したら、変数のprint文を挿入するというベタな方法で対応している。CやJavaといったコンパイル言語でなければ、このほうがお手軽だと思う。

そんな私が唯一使っているデバッガがFireBug。特にJavaScriptでDOMを操作するときやCSSを修正するときには必須のツールである。そんなFireBugが1.5にバージョンアップするらしい。

http://journal.mycom.co.jp/news/2009/11/02/012/index.html

便利になる反面、だんだん複雑になってくる。使いこなせるのだろうか・・・。

0 件のコメント:

コメントを投稿