2010年3月15日月曜日

初めての青色申告

独立して初めての青色申告がやっと終わった。今回はツカエル経理という会計ソフトと、その姉妹品であるツカエル青色申告を利用した。ツカエル経理は普段から請求書の発行で使っているソフト。GUIもよくできていて分かりやすく、非常に気に入っている。

作業手順だが、まずはツカエル経理に現預金の入出金と経費情報を登録する。およそ半年分だが、意外と細かい項目が多いので手間取った。やはり、日々こつこつ入力しておけば、ぎりぎりになってあわてないということはわかるのだが・・・。ちなみに、はまった項目は次の通り

  • 発注元で源泉徴収を行っている場合、徴収額を「その他の出金」の「源泉徴収税」として登録する
  • 生活費を取るときは「事業主貸」とする。
  • 販売商品の発送でなければ、宅急便代は「通信費」になる

登録が終わったら、仕訳を書きだしてツカエル青色申告に読み込ませる。仕訳項目や期間が正しくなかったので何度もやり直しが発生したが、取り込みが終われば決算書の出力はあっという間に終わる。

いよいよ電子申告。もともとツカエル青色申告には電子申告の達人というサービスの利用権があったのだが、結局国税庁のe-Taxホームページを利用した。青色決算書を入力するのが面倒といえば面倒だったが、決算書の転記だけなので大した手間ではなかった。後はスマートカードリーダーを接続して電子証明書を使って申告を行う。

税務署から突っ込みがこなければ任務完了。晴れて還付金を手にできる。いや~、いい仕事したな~。

1 件のコメント: