2010年4月27日火曜日

ディルバードで感じた翻訳の難しさ

最近、仕事で長文を書いているせいか、ブログを更新する意欲がわかない・・・。

@ITに掲載されているディルバード(ビジネスを揶揄したマンガ)で、ちょっと意味がわかりづらい翻訳があった。まずはマンガを見てほしい

  • ディルバート、「TIME」の表紙を飾る - @IT情報マネジメント
  • こうすれば、ボクの脳みそが“現実のキャリア上の恐怖”をマトモに認識して、体のほかの部分を殺そうとしてしまうことを避けられます

    というセリフがある。これは英文の「It keeps my brian from fully realizing the horror of my actual carrer and trying to kill the rest of my body.」を忠実に翻訳したものだ。

    最初に読んだ時、私は「ボクの脳みそ“現実のキャリア上の恐怖”をマトモに認識させることで、脳みそが体のほかの部分を殺そうとしてしまうことを避ける」と解釈したため、マンガの意味を理解しそこねた。

    よくよく英文を読みなおしてみると、「ボクの脳みそ“現実のキャリア上の恐怖”をマトモに認識させないことで、体のほかの部分を殺そうとしてしまうことを避ける」ということに気づいた。つまり、現実逃避しなければ脳みそが自殺を試みてしまう、それほど退屈な毎日だという皮肉がわかり、後で大笑いした。

    私も翻訳は未熟だから自戒を込めていうが、この場合は英文に忠実に訳すのでなく「こう(現実逃避)しないと、ボクの脳みそが“現実のキャリア上の恐怖”をマトモに認識してしまい、体のほかの部分を殺そうとしてしまうからです。」と言い換えたほうが伝わると思うけど、いかがだろうか?

    1 件のコメント:

    1. 澄夫ちゃんに、一票!ハイ、オッパッピー!

      返信削除