2010年5月5日水曜日

机を作った

もともと使っていた机の高さが72cmしかなく、アーロンチェアを高めに設定すると収まりが悪いため、ゴールデンウィークを利用して机を自作することにした。

最初はルミナスのスチールラックで検討していたが、なんとなく金属は冷たい感じがするため、木材を利用することにした。木工なんて中学以来なので不安だったが、まあなんとかなるだろうと考えてDIYショップへ向かう。

購入した木材は次の通り。木材と一緒に並んでいる白い筒はGarage 配線ダクトYS-32W白という商品で、雑多になりやすい配線をひとまとめにするために購入した。

まずはステインオイルで塗装。やさしい娘たちも手伝ってくれたので、私一人で作業するよりも時間がかかった。頼むから刷毛の取り合いでケンカしないでくれ・・・。

塗装が終わった状態。家の中で乾かしたため、部屋が臭くなった、失敗。

塗装が乾いたら組み立てを開始。やはり娘たちが手伝ってくれたので、作業効率は大幅ダウン。まあ、思い出作りと割り切るか。

完成した机(クリックで拡大)。予想以上の出来栄えに満足。特に机の上に収納スペースが用意できたこと、配線をきれいに隠すことができた点には感動した。

今回の反省点は次の通り。

  1. お店の人に言われたままオイルステインだけを塗装したが、それだと触ったものに汚れが付着するため、オイルステインの上にニスなどの保護材を塗るべきだった。気付いたのは組み立てた後。しょうがないのでデスクマットを敷くことにした。
  2. オイルステインを塗装してから1週間くらいかけて乾燥すべきだった。おかげで部屋の中はシンナーのような臭いが充満していて頭がいたい。まあ、3日たって大分臭いがしなくなったけど。

今度は子供達の机でも作ろうかな?

1 件のコメント:

  1. 刷毛・・・この歳になって初めて読み方を知りました。サンキュー!(笑)

    返信削除