2010年6月28日月曜日

書評をいただきました

アクセス解析の大家である衣袋氏に「Google Appsではじめるオフィス・イノベーション」をブログで紹介いただきました。

本のサイズが小さいため、様々な操作画面のキャプチャーが全体的に小さく、見づらいのが辛かった。

すみません、増刷する機会があれば検討いたします。あと、Amazonにも書評が出ていました。ありがたいです。

クラウド型アプリ、特にGoogleAppsを使いこなせていない私は駄目元で買ってみましたが、目から鱗が落ちる説明の連続で読み終わった今、私の家庭でのパソコンデバイスを使った環境の利便性がかなりあがりました。本もコンパクトサイズで移動中も情報収集可能なのも嬉しいです。欲を言えば著者には今後ツイッター等で専用アカウントを作成してもらい、GoogleAppsの利用法の英知を結集するようなHUBの役割を期待したいですね。あと10章だけはちょっと内容が中途半端かな~。でも星4.5個の価値がある良本です。

本を読んで、GoogleApps(もしくはGoogleの各サービス)の新しい使い方を発見いただければ非常に喜ばしいです。

10章が中途半端というコメント、胸にしみます。言い訳させていただくと、10章で紹介しているプレミア版の最大の特徴はディレクトリサーバとの連携となりますが、この辺の話は技術的に複雑なうえニーズも限られてしまうため、ほとんど触れませんでした。また、プレミア版だけで使えるGoogleグループは大きな目玉だったのですが、原稿執筆時点では日本語版が提供されていなかったので除外しました。結果としてプレミア版の解説が薄くなったことは否めません。もし次の機会があるなら活用編・拡張編の執筆を検討したいと思います。

まだまだコメントは大歓迎です。よろしくお願いいたします。

0 件のコメント:

コメントを投稿