2010年8月7日土曜日

手紙 ~拝啓 十五の君へ~

最近のお気に入りの歌手はアンジェラアキで、なかでも「手紙 ~拝啓 十五の君へ~」が気に入っている。実は、妹が自分の結婚式で歌った曲なので、ちょっとだけ他の人より思い入れがある。この曲、メロディもきれいだけど、その歌詞が非常に印象的だ。

拝啓 ありがとう 十五のあなたに伝えたいことがあるのです 自分とは何でどこで向かうべきか 問い続ければ見えてくる

そういえば、海援隊の「思えば遠くに来たもんだ」にもこんなフレーズがある。

二十歳になったばかりの僕は 別れた女を責めながら いっそ死のうと泣いていた 恋は一度と信じてた 思えば遠くへ来たもんだ 今では女房子供持ち 思えば遠くへ来たもんだ あの頃恋しく思い出す

無事「女房子供持ち」となった今、仕事も希望もなくて思い詰めていた時代の自分に対して「どんな手紙を出そうかな」「なんて励ませばいいのかな」と考えていたら、面白い記事を見つけた。

誠 Biz.ID:結果を出して定時に帰る時短仕事術:将来が心配なら、未来の自分に相談してみる
 生涯を振り返ってみた時に、少しくらい辛い時期があったからといって、それ自体を後悔する人なんていません。多くの場合、そうした苦難の道も成功した人にとっては、とても懐かしい想い出なのです。だから将来の自分は、ポジティブでアグレッシブな助言をくれるのです。

過去を振り返るにはまだ早い。まだまだ受難の人生は続くし、未来の自分に助けが必要だ。

2 件のコメント:

  1. わたすは、あき竹城のファンだ〜

    返信削除
  2. 最近特に、自分から動く人(具体的には会社を辞める)が増えている気がする。リアクティブでなくアクティブであれ!

    返信削除