2010年11月22日月曜日

32ビットOSで扱えるメモリのサイズ

今使っているETL(データ加工)ソフトで大容量データを読み込ませると、メモリ不足のため処理の途中でエラー終了してしまう。WindowsXPの32Bit版では3GB以上のメモリを利用できないシステムが認識することができないため、Windows 7の64bit版で再挑戦する予定。

その昔、MS-DOSを使っていたときは640KBのコンベンショナルメモリ(古い~)しか使えず、32bitのOSが出たときには「最高4GBまで使えるのか~」と腰を抜かしたのだが・・・、今も昔もメモリ不足で悩まさせることに変わりがない。

0 件のコメント:

コメントを投稿