2010年11月22日月曜日

長女が自転車に乗れるようになった

先日のブログで自転車の特訓を紹介したとおり、ペダルを外した状態で子供達に自転車の乗り方を練習させていたが、飽きっぽい父親の特訓熱はすぐに冷め、子供たちが自転車で自由に遊んでいるのをほっといていた。

その後、練習(?)の甲斐あって、長女はバランスを上手にとりながら自転車に跨って歩くようになったので、父は再び特訓の鬼と化すことを決心した。

長女は明らかに嫌がっていたが、そんなことで怯む父ではない。ペダルをつけた自転車に長女を乗せて歩かせ、スピードがついたタイミングでペダルを漕がせるが、その脚に力が入らない。

そこで、私がハンドルを持ちながら伴走を続け、ようやくペダルを踏む力が付いたところで手を離したら、父が支えなくても一人で走れるようになった。

娘達は歓喜の声を上げ、長女は「自転車なんて簡単だよ~」と余裕の発言をかますようになる。約束通り、その夜は普段よりも(ちょっとだけ)高級なレストランでお祝いの食事。まあ、めでたしめでたし。

1 件のコメント:

  1. なんだろう?

    かっぱ寿司かな?

    自転車操業、カムバック!!!!!

    返信削除