2010年12月28日火曜日

個人情報保護法が適用されない場合

法、納得!どっとこむで「個人情報保護法が適用されない場合とは?」という面白い記事があった。「個人情報の保護に関する法律」では、次の条件に当てはまる場合は規制の対象外になるらしい。

第五十条  個人情報取扱事業者のうち次の各号に掲げる者については、その個人情報を取り扱う目的の全部又は一部がそれぞれ当該各号に規定する目的であるときは、前章の規定は、適用しない。

  1. 放送機関、新聞社、通信社その他の報道機関(報道を業として行う個人を含む。) 報道の用に供する目的
  2. 著述を業として行う者 著述の用に供する目的
  3. 大学その他の学術研究を目的とする機関若しくは団体又はそれらに属する者 学術研究の用に供する目的
  4. 宗教団体 宗教活動(これに付随する活動を含む。)の用に供する目的
  5. 政治団体 政治活動(これに付随する活動を含む。)の用に供する目的

ということは、個人情報を大量に集めても「今度出版する本に使います」と宣言すれば、法令が定める個人情報の取扱方法に従わなくてもよいらしい。ホンマかいな?

0 件のコメント:

コメントを投稿