2010年12月6日月曜日

FTC、行動ターゲティングの拒否手段「Do Not Track」を提案

日経BPネットからの引用。

米連邦取引委員会(FTC)は米国時間2010年12月2日、プライバシー保護対策の新たな提案に盛り込んだ個人情報管理手段「Do Not Track」について説明した。これはオンライン行動の追跡を消費者が拒否できるようにする手段で、複数のWebブラウザに通用する仕組みになるという。

アクセス解析事業者は、不正確な知識によって不名誉な評価を受けることが少なくない。こういった「追跡されない権利」が確立することは、Webマーケティング業界にとってプラスになるかもしれない。

0 件のコメント:

コメントを投稿