2011年1月5日水曜日

追加費用なしにiPhone出力の音質を上げる方法?

しつこくiPhoneの音質ネタを続ける。

10年以上前に購入したBOSEのステレオにiPhoneをつないで再生しているが、音質がもう一声といったところなので、iPhone用のDAC(デジタル・アナログコンバータ)の購入を考えていたが、お金をかける前にできることを探してみた。

最初に確認したのは音源ファイルの圧縮形式。CDからiTunesにリッピングするときの設定をAACの128kbpsからAppleロスレスに変更してリッピングしなおすと、データ容量は3~5倍くらいに増えたが音質が圧倒的に良くなった。やっぱり非可逆圧縮は音質を落とすなと実感した。

これはたまたま発見したことだが、iPhoneのモジュラージャックよりもApple純正iPhoneドックのライン出力のほうが音質がよいことにも気付いた。iPhoneで音量調整ができなくなるデメリットはあるが、それを補って余りあるほどのメリットだ。

これだけ音質が良くなれば、DACは当分必要ないかな? まあ、しばらく使ってから考えよう。

0 件のコメント:

コメントを投稿