2011年2月7日月曜日

「薄型テレビ算」に大爆笑

立川談笑師匠の薄型テレビ算が気に入ったので紹介します。少し落語に詳しい人なら分かると思うけど「壺算」の改作で、今回騙される店の主人が、実は壺を安値で騙し取られた商人の子孫だった、という件(くだり)には死ぬほど笑った。

昔はよく新宿の末広亭に行っていたのだが・・・、たまにはゆっくり寄せでも見に行きたい。

1 件のコメント: