2011年3月12日土曜日

海老澤家の被災状況

被災者の方がたに謹んで哀悼の意を表します。

幸いなことに埼玉県の自宅(一軒家)では、トイレが壊れて水が止まらなくなったこと、2階の書斎にある机から書類が落ちてきた程度の被害で済みました。

マンション14階にある実家では、本棚が倒れる・テレビが壊れる・食器が落ちてしまう、など被害が大きかったようですが、両親とも外出中だったため怪我しなかったのが救いです。

改めて思ったのは、通信手段を確保しておくことの重要性です。インターネット回線はつながりましたが、携帯メールが使えない状態だったため、パソコンを起動していなかった家内とは連絡が取れず、非常に心細い思いをしていました。

数週間前に、ほとんど使っていなかった自宅のVPNサーバを停止してしまいました。それがあればiPhoneから内線にアクセスできたのに、と後悔は先に立ちません。

今回の地震で、改めて日ごろの準備の重要性を認識しました。緊急時の対応を、改めて家族と話し合うつもりです。

0 件のコメント:

コメントを投稿